最終更新日:2006/12/6

リハビリテーション

リハビリテーションとは、病気やケガ、退行性変性など機能低下してしまった方に対し、再び(Re・habilitation)日常生活動作やスポーツ活動へ復帰することをサポートする医療です。

同じ診断名でも、同じような症状でも、その原因は個人個人異なります。
専任の理学療法士が、個別に症状をチェックし、それぞれにあったプログラムを実施することで、治療効果を上げるようにしています。同時に、患者さんには、自身の身体の状態を理解していただき、なぜ現在の痛みが出現しているのか、どうしたら痛みがなく過ごせるのかなどを一緒に考えていただくようにしています。
自分自身の身体を上手に管理する能力を向上できれば素晴らしいことではないかと思っています。

<運動療法>

患者さん自身が主体となって、身体を動かすことで、症状を軽減させ、低下してしまった機能を改善させることを目的とした治療方法です。
理学療法士が個々の症状にあった運動を指導し、患者さんにマスターしていただくことで患者さん自身による家庭での訓練を主体としています。クリニックでは定期的チェックを中心に行いながら、訓練効果の判定や、見直しなどをしていきます。

<物理療法>

温熱や寒冷刺激、電気や機械的刺激をもちいて、痛みを軽減させたり、筋肉のこわばりを和らげ、循環を改善することなどを目的におこなわれる治療方法です。

<補助具療法>

装具やテーピング、足底板などを用いて、患部の保護、低下してしまった機能の代償、外傷の予防を目的におこなう治療方法です。

リハビリテーション写真 リハビリテーション写真
リハビリテーション写真 リハビリテーション写真